みさきサバゲー フィールドレビュー | サバゲーナビ

みさきサバゲー フィールドレビュー

Topページレビュー →みさきサバゲー フィールドレビュー | サバゲーナビ 

みさきサバゲー フィールドレビュー

みさきサバゲーは大阪府泉南郡岬町にあるアウトドアサバゲーフィールドです。

ゲームエリアはさまざまな要素が詰め込まれており、積まれた土嚢や塹壕、ドラム缶や車やその他廃材などを利用したバリケード、ベニヤ板で複雑に構成されたCQBエリアなどがありました。

今回は定例会にて参加して取材することができましたのでご紹介いたします。

受付、セーフティエリア

みさきサバゲーでは受付の前に自動精算機で参加費の半券を購入する必要があります。

参加料金は土、日、祝日の定例会で男性が3000円。女性が2000円。
土曜日の定例会参加であれば先着10名までで、開催日までの7日前以上前の予約をすれば一割引となる早割りもあります。

平日も集まれば定例会が開催となり、料金は男性が2500円、女性が2000円です。


他にも券売機では弾やガスの販売やレンタル品の支払いなども取り扱っております。
地元のお弁当屋さんとの提携しており、10時までに購入すれば各種お弁当が手配できます。

こちらが受付です。
券売機で購入した各種半券を持っていき、受付完了です。

みさきサバゲーでは参加者の席が指定されており、受付のモニターにて席が表示されております。
予約の際は同じチームでの参加の場合はまとめて予約をお勧めします。


ゲートオープンは8:30から、エントリー受付開始が8:30から、弾速チェックは9:00からです。

ゲームは10:00から16:00まで。16:00以降は希望者を募ってのフィールドマスターによる特殊ルールのゲームが行われます。

セーフティエリアは最大172席も用意されております。
2020年12月現在では新型コロナ感染対策により、定員数を80名までに絞っております。

設備は電子レンジやポット、マガジンウォーマー、一部の場所ではコンセントも完備。
貴重品などを保管できる鍵付きのロッカーや、更衣室は男女別で2室ずつあります。
トイレは水洗式もあります。

ゲームエリアのマップ。
この日1日の予定ゲームのスケジュールと、ランプが点灯することによってスタート位置が理解できるようになっていました。

セーフティエリア内には大型三輪バイクや、雰囲気のある背景による撮影スポットが幾つかあります。

みさきサバゲーではセーフティエリアの奥には喫煙スペースやBBQエリア、キッズスペースなどもあります。

ここでは小型ヘリコプターが設置されており、ちょっとした撮影スペースとしても活用できます。

※セーフティエリア内での撮影の際は、エアガンにマガジンを刺さず、周りへの配慮と共に取り扱いにご注意ください。

シューティングレンジ

みさきサバゲーではセーフティエリアやゲームエリアの両方に複数のシューティングレンジが設けてあります。
どれもコンテナや壁で区切られており、風の影響が少ない中で調整が可能です。

ターゲットレンジ

シューティングレンジのほかにターゲットレンジ(有料)が用意されております。
専用ターゲットペーパーを設置してそれを狙い射撃すると、狙った位置を横のモニターで教えてくれます。

利用料金は、みさきサバゲー会員は10分300円。
射撃標的紙(ターゲットペーパー)が1枚100円。

※10分を超過した場合は1分あたり100円かかります。

他サービス

みさきサバゲーでは地元のお弁当屋さんとの提携しており、フィールド入り口付近の券売機にて10時半までに各種お弁当の半券を購入すれば、お昼休憩にお弁当が食べることができます。


他にも送迎サービスがあり、ホームページから定例会の参加予約をした際に事前に送迎希望を出せば、最寄り駅である南海多奈川線 多奈川駅からフィールドまで徒歩20分のところを5分程度で到着することも可能です。
電車での移動の方は参考にしていただければと思います。

ゲームエリア

ゲームエリアは至る所にベニヤ板や、土嚢、廃棄物などを活用したさまざまなバリケードやオブジェクトが置いてあり、ちょっとした世紀末の世界のような雰囲気があります。

トラックなどの廃車を利用したバリケードなどもありました。
これらは中へ乗り込むことも可能です。

ベニヤ板と短管で作られた迷路のようなCQBエリアもあります。
壁は高めである程度の高い身長であっても隠れるほどでした。

このCQBエリアではあらゆるところに窓についており、ここから狙うことができます。
窓の開け閉めはスタッフのみが行い、その日によって射線が変化してゲーム性が変化するようになっております。

観覧台

みさきサバゲーではゲームエリア内の中央に、ヒット者や見学者が観覧できるように観覧台が設置されております。

観覧台から見下ろしたCQBエリアの様子。
観覧台はセーフティエリアからでもアクセスが可能です。
※ゴーグルなどの保護具必須。

ゲームの様子

今回は定例会の一部ゲームにて許可を得てカメラマンとして入らせていただきました。

みさきサバゲーのレギュレーションは、弾速は0.2g弾使用時では初速95m/s未満、0.25g弾使用時は85m/s未満のエアガンが使用可能です。
使用できるBB弾は色付きであれば、どのメーカーのバイオBB弾であれば使用可能です。
トルネードやサイクロンなどのグレネードが使用不可ですのでご注意ください。

ゲームルールはカウンター戦やフラッグ戦などのオーソドックスなルールのものから、フラッグがとられるまでのタイムを競い合う防衛戦や、ゲームエリアの中央付近に設置された自身のチームのカウンターを、弾が飛び交う中どれだけ押せるかを競い合うルールもありました。
その他フルオート戦やハンドガン戦なども行っておりました。

ゲームに参加して感じたのは、相手との接敵が思っていた以上に早く、交戦距離は比較的近い印象でした。
また、バリケードの配置も複雑ゆえに射線もあらゆるところから通りやすく、周囲はよく注意した方がよさそうです。

みさきサバゲーでは親や成人などの保護者同伴であれば10歳以上の18歳未満でも、10禁ガンであれば定例会に参加可能で、この日も親子でサバゲーを楽しむ様子がありました。

みさきサバゲー

住所は大阪府泉南郡岬町多奈川谷川2214

高速道路では向かう場合、泉南ICを降りて35分ほどでフィールドに到着できます。

最寄り駅は南海多奈川線 多奈川駅があり、フィールドまで歩けば20分ほどかかりますが、フィールドの参加予約時に送迎希望を出しておけば、フィールドの車での送迎も利用できます。


セーフティエリアも広めで設備も整っており、定例会や貸切の料金も比較的に良心的で、ゲームや撮影スポットも多数あり、充実した一日が過ごせそうなフィールドであると感じました。


みさきサバゲーの年末は、12月では28、29、30、31日までの定例会を参加受付中。

年始は1月2日から定例会の参加を受け付けているのでご活用くださいませ。


各種最新情報は下記のSNSやホームページから。

Twitter

https://twitter.com/misaki_sabage


Instagram

https://instagram.com/misaki_sabage?igshid=dbcxhztula5l


ホームページ

http://misakisabage.com


関連ハッシュタグ

#みさきサバゲー
#みさきサバゲ
#ミサキサバゲー


レギュレーションやフィールド説明などは、現在は現地では行わず、YouTubeを確認いただいているとのことで、ご予約の際はご確認くださいませ。

YouTube

https://youtube.com/channel/UCgwV6oOvy_Pv0brUKIII4vA

著者:骸骨サバゲーマーSasugo

関西を中心に活動する骸骨サバゲーマー。
関西だけでなく関東や他地域へ遠征サバゲーもよく行く。
サバゲーをするだけに飽き足らず、カメラマンやブログ、他にも
自身で主催する貸切サバゲーイベントの通称「チェンサバ」や、
創作キャラレイヤーとして「創作集団 悪役連合」のリーダーを
務めるなど幅広く活動する。
2020年よりサバゲーナビ公式ライター。

Twitter:@Sasugo_3

Blog:サスブロ!



スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告
スポンサー広告